西脇工、特集でエール 都大路出場の女子中心に、広報にしわき発行 /兵庫

毎日新聞

全国高校駅伝に出場する西脇工女子を特集した広報にしわき=兵庫県西脇市郷瀬町の市役所前で、広田正人撮影

 24日に京都市で開かれる女子第29回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に出場する西脇工を盛り上げようと、西脇市は1日、「広報にしわき」の特集号を発行する。特集号は1990年以降、西脇工が全国大会に出るたび発行されており、25回目。今年は男子が涙をのんだため、初めて女子中心のパターンとなった。【広田正人】

 西脇工の女子は、11月5日に篠山市であった県大会で4年連続8回目の優勝を飾った。一度もトップを譲らない完勝劇で、現在は全国初優勝を目指し、練習に励んでいる。

 1万8000部作り、市内全世帯に配布する。市外の希望者には無料で郵送する。A4判、フルカラー8ページ。

 県大会第3中継所での笑顔のたすきリレー写真を表紙に配し、アンカー礒野恵梨選手がゴールテープを切る瞬間や、スタート直後の様子、後続との差を広げるシーンなどを掲載。主力選手のプロフィル、女子の全都道府県代表校と予選タイム、男子も含めた西脇工の過去の全国大会成績のほか、今回は女子の応援・サポート役に回る男子部員の集合写真も収めた。

 最終面には、寺岡正人校長の謝辞や、片山象三市長の激励、24日当日に運行される無料応援バス情報(17日申し込み締め切り)も紹介している。問い合わせは、西脇市秘書広報課(0795・22・3111、内線333)へ。

〔播磨・姫路版〕