智弁カレッジ、地元で激励会 香芝 /奈良

毎日新聞

激励会に出席した智弁学園奈良カレッジの選手たち=奈良県香芝市役所で、藤原弘撮影

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に男女そろって初出場する智弁学園奈良カレッジの地元・香芝市での激励会が30日、同市役所であった。吉田弘明市長は「課題を克服し、普段通りの走りを」と選手たちにエールを送った。

 中川敏男校長や寒川正悟監督、男子10人、女子8人の選手らが出席した。男子の浦田昂生主将(3年)は「香芝で練習していることに感謝し、少しでもいいタイムを出したい」と、女子の嶌岡侑里主将(同)は「残りの練習時間を大切にし、少しでもいい記録が残せるようにしたい」とそれぞれ意気込みを語った。【藤原弘】