都大路全力で走れ 県代表、小林高で壮行会 /宮崎

毎日新聞

決意表明をする河野主将(右)

 男子の第68回全国高校駅伝競走大会(24日、京都市)に県代表として出場する小林高校男子駅伝部の壮行会が4日、同校体育館であった。男女バスケットボール部など全国大会に出場する生徒らの壮行会とともに全校生徒約540人から盛大な拍手を受けた。

 式では土肥隆夫校長が「仲間を信じて、完全燃焼してほしい。精いっぱい応援している」と激励した。その後、上原将平監督は「直前まで練習の結果などからメンバーを調整したい。なんとか1区から良い流れをつくって持続させたい」と話し、河野祥哉主将(3年)は「昨年入賞を逃した悔しさを全面に出して粘り強さを胸に必ず入賞したい」と意気込んだ。【田崎春菜】