メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む

2018自民総裁選/1 石破茂・元幹事長(60) 非主流、深まる孤立 「安倍失速」待つ持久戦

 「熱いお茶いかがですか」

 元日午前0時過ぎ、自民党元幹事長の石破茂は鳥取市の商店街にある自身の事務所前で道行く人に紙コップのお茶を配り、笑顔を振りまいていた。

 毎年の恒例行事だが、例年と違うのは9月に自民党総裁選を控えていること。事務所に集まった支援者約30人を前に地元選出の参院議員、舞立昇治が「天下取りに向けて微力ながら持てる力を出し切ってまいりたい」と気勢を上げた。

 お茶配りを終えた石破が事務所に入ると、男性支援者から声をかけられた。

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1637文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです