県予選開始式 都大路へ「全力を」 出場選手健闘誓う きょう号砲 /富山

毎日新聞

選手宣誓する高岡向陵の長尾大輝主将=富山県黒部市堀切の同市総合体育センターで、青山郁子撮影

 黒部市駅伝コースで3日に開かれる男子第69回・女子第30回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)県予選(県高体連、富山陸協主催、県教委など共催、毎日新聞社後援)の開始式が2日、同市総合体育センターで開かれた。

 今年は、男子が昨年と同じ14チーム、女子は昨年より1チーム多い10チーム(呉羽、富山、桜井の連合1チーム含む)がエントリー。レースは同市総合公園(同市堀切)を、女子が午前10時、男子が正午スタート。男子は7区間42・195キロ、女子は5区間21・0975キロを走り、同公園がゴールとなる。男女とも優勝チームが12月23日に京都市で行われる全国大会に出場するほか、上位3チームが11月18日に同コースで開催される北信越大会に出場する。

 開始式では、柳原英志・県高体連陸上競技専門部長が「選手一人一人が全力を出し切ってほしい」とあいさつ。前年優勝の高岡向陵の長尾大輝主将(3年)が「感謝を胸に、練習の成果を全て発揮して最高の走りをします」と選手宣誓した。【青山郁子】