県予選 男子・田辺工、女子・和歌山北V 両監督、主将の話 /和歌山

毎日新聞

3年生よく走った 田辺工・藤井歩監督

 選手におめでとうと言いたい。3年生3人が良い走りをしてくれた。ピークを大会に合わせ、自信を持って走っていた。全国大会では20位以内に入ることが目標。それまでに力を付けたい。

目標を達成できた 田辺工・都築勇貴主将

 2年連続メンバー不足などで出場できず悔しかったので、2時間9分台での優勝を目標にやってきた。強い思いが前面に出た走りで達成できた。全国では2時間8分切りを目標に頑張りたい。

想定より悪かった 和歌山北・長山丞監督

 主力選手が不在の中でどこまでタイムを伸ばせるかが課題だったが、昨年より4分ほど落ち、想定より悪かった。一人一人がチームを引っ張るという意識を持って全国大会に臨んでほしい。

個々の課題見えた 和歌山北・鈴木杏奈主将

 優勝したが、目標タイム(1時間13分台)より1分以上遅かったので素直に喜べない。ただ本番は全国大会。県予選で各選手の課題が分かった。全国大会までに修正して入賞を目指す。