県予選 男子・小豆島中央、女子・高松工芸V 両監督の話 /香川

毎日新聞

力つけ全国臨む 小豆島中央・荒川雅之監督

 後半まで接戦になると思っていたが、3区で1分近い差をつけることができたのが大きかった。ただ、今のタイムでは都大路で通用しない。一人一人の力をつけて2時間11分台で走りたい。

ペース想定通り 高松工芸・三谷昌輝監督

 チームワークを高めることを重視して取り組んできた成果が表れ、良い雰囲気でレースに臨むことができた。2~4区が鍵だと思っていたが、選手は想定通りのペースで頑張ってくれた。