青森山田、女子2位 V奪還ならず 男子は3位健闘 /青森

毎日新聞

 男子第54回、女子第29回東北高校駅伝競走大会(東北高体連、毎日新聞社など主催)が8日、岩手県一関市で行われた。男子(7区間42・195キロ)は秋田工(秋田)が2時間6分57秒で2年ぶり5回目、女子(5区間21・0975キロ)は山形城北(山形)が1時間11分40秒で12年ぶり3回目の優勝を果たした。全国大会が第30回記念大会となる女子は、県予選優勝校を除く最上位の4位に入った東海大山形(山形)が東北地区代表として、2年連続2回目の全国大会の切符を手にした。【三瓶杜萌、小鍜冶孝志】

 各県予選上位校とオープン参加1チームを含め、男女それぞれ27チームが出場。青森県勢の最高順位は、男子が青森山田(県予選1位)で2時間8分51秒の3位、女子も青森山田(同1位)で1時間12分18秒の2位だった。青森山田の女子は2年ぶりの優勝を目指したが、最終区で逆転されV奪還はならなかった。

 青森山田の男子は昨年、1区(10キロ)で25位と出遅れたが、今大会は6位とまずまずの滑り出し。3区(8・1075キロ)でステファン・カマウが区間賞の走りでトップに躍り出ると、大きく順位を落とすことなくタスキをつなぎ、昨年大会の8位から順位を上げた。弘前実は1区を5位で通過したが、その後が振るわなかった。

 昨年準優勝の青森山田の女子は、県予選でアンカーを務めたエリザベス・ジェリーを2区(4・0975キロ)に変更するなど走順を大幅に入れ替えて臨んだ。1区(6キロ)を3位でタスキをつなぐと、エリザベスの力走で一気に1位に。3、4区も区間3位以上の走りでトップを維持したが、5区で山形城北にかわされ、優勝を逃した。


 ◆東北高校駅伝記録

男子記録◇

 (1)秋田工(秋田)    2時間 6分57秒

 (2)東北(宮城)     2時間 7分40秒

 (3)青森山田(青森)   2時間 8分51秒

 (4)学法石川(福島)   2時間 9分23秒

 (5)仙台育英(宮城)   2時間 9分34秒

(19)弘前実(青森)    2時間17分 8秒

(22)八戸学院光星(青森) 2時間17分59秒

(25)八戸西(青森)    2時間20分44秒

男子区間賞◇

3区=ステファン・カマウ(青森山田)23分33秒

女子記録◇

 (1)山形城北(山形)   1時間11分40秒

 (2)青森山田(青森)   1時間12分18秒

 (3)学法石川(福島)   1時間12分18秒

 (4)東海大山形(山形)  1時間12分45秒

 (5)仙台育英(宮城)   1時間12分59秒

(16)八戸学院光星(青森) 1時間16分 7秒

(22)八戸西(青森)    1時間18分35秒

女子区間賞◇

2区=エリザベス・ジェリー(青森山田)13分43秒