県予選 あす号砲 /三重

毎日新聞

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走県予選会(県高体連・三重陸上競技協会主催、毎日新聞社など後援)が11日、松阪市久保町の三重高校を発着点に開かれる。

 男子は昨年と同じ29校が出場し、7区間42・195キロで争う。伊賀白鳳が15年連続30回目の優勝を目指し、4年連続準優勝の四日市工、昨年3位の海星、4位のいなべ総合が追う。

 女子も昨年同様、20校が5区間21・0975キロで競う。津商は4連覇を狙う。4年ぶり優勝を目指す四日市商、昨年6位の宇治山田商も有力だ。

 男女優勝校は12月23日、京都市の西京極陸上競技場で行われる全国大会に出場する。1~6位校は25日に愛知県知多市で行われる東海大会の出場権を獲得する。【谷口豪】


通行規制へのご協力お願い

 全国高校駅伝競走県予選会のコースとなる国道166号や周辺道路が11日、女子がスタートする午前10時ごろから、男子がフィニッシュする午後2時半ごろまで一時通行規制され、渋滞が予想されます。沿道の方々やドライバーの皆様にご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力をお願い致します。

県高体連

三重陸上競技協会

毎日新聞社

〔三重版〕