男子47代表決まる 予選タイム最速は仙台育英

毎日新聞

 男子第69回全国高校駅伝(日本陸上競技連盟、全国高校体育連盟、京都府、京都市、両教委、毎日新聞社主催)の代表47校が11日、出そろった。最後となった三重は伊賀白鳳が2時間10分7秒で優勝し、四日市工が2時間11分45秒で2位。

 予選タイムの最速は仙台育英(宮城)の2時間5分40秒。初出場は駒大高(東京)など8校。第30回の記念大会にあたる女子は都道府県代表47校に全国11地区の代表を加えた58校が25日に出そろう。全国大会は12月23日、西京極陸上競技場(京都市)を発着点に開催される。【新井隆一】