「平成最後 全力で」 富山で開会式 きょう号砲 /新潟

毎日新聞

 男子第55回、女子第31回北信越高校駅伝競走大会(北信越高体連など主催、毎日新聞社後援)は17日、富山県黒部市の市総合体育センターで開会式があった。北信越の各県大会で3位以内に入った男女各15チームが顔をそろえ、富山商(富山)の大毛利雪衣選手(3年)が「平成最後の大会を全力で走り抜きます」と選手宣誓した。

 大会は18日、市総合公園を発着点に男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで競う。女子は県大会の優勝校を除く最上位校も、12月23日に京都市である女子第30回全国高校駅伝競走大会に出場する。【青山郁子】

     ◇

 出場校は次の通り。

 <男子>新潟=開志国際、中越、三条▽長野=佐久長聖、長野日大、上田西▽富山=高岡向陵、富山商、高岡商▽石川=遊学館、星稜、金沢龍谷▽福井=美方、敦賀気比、鯖江

 <女子>新潟=新潟産大付、新潟明訓、新潟第一▽長野=長野東、長野日大、諏訪二葉▽富山=富山商、高岡商、砺波▽石川=遊学館、星稜、小松商▽福井=美方、鯖江、敦賀気比