八頭は男子10位、女子11位 /鳥取

毎日新聞

中国高校駅伝で、鳥取県勢男子トップでフィニッシュする八頭の尾田崇侑選手(左)=島根県出雲市の県立浜山公園陸上競技場で、鈴木周撮影
中国高校駅伝で、鳥取県勢女子トップでフィニッシュテープを切る八頭の小谷彩乃選手=島根県出雲市の県立浜山公園陸上競技場で、鈴木周撮影

 男子第60回、女子第32回中国高校駅伝競走大会(中国高体連、中国陸協など主催、毎日新聞松江支局など後援)が17日、島根県出雲市の県立浜山公園陸上競技場を発着点とするコースで開かれた。男子は倉敷(岡山)が2時間7分58秒で3年連続14回目の優勝。女子も倉敷が1時間10分22秒で初優勝を飾った。

 中国5県から男子31校、女子29校(鳥取中央育英は棄権)が参加。12月23日に京都市である全国大会で女子は第30回記念大会のため、岡山県予選で2位だった倉敷が中国地区代表として初の全国大会出場を決めた。

 男子(7区間、42・195キロ)は県予選2位の八頭が県勢トップの10位(2時間16分11秒)に入った。2区終了時で14位だったが、3区の木原昴(すばる)主将(3年)が「上位との差を少しでも縮めたい」と粘った。6区が終わった時点で10位まで追い上げ、アンカーの尾田崇侑(たかゆき)選手(2年)が米子松蔭の追い上げをかわした。

 女子(5区間、21・0975キロ)は県予選1位の八頭が県勢最高の11位(1時間16分35秒)。1区で14位と上位集団に離されたものの、2区の杉村和香選手(2年)と3区の岸本百桃(もも)選手(1年)が力走、順位を上げた。中盤以降の粘りは全国大会に向けた収穫となった。【前田葵、鈴木周】


 ■上位8校の成績

 【男子】(2時間台は省略)

(1)倉敷(岡山)    7分58秒

(2)西京(山口)   10分42秒

(3)世羅(広島)   11分 8秒

(4)西条農(広島)  13分38秒

(5)宇部鴻城(山口) 14分29秒

(6)水島工(岡山)  14分33秒

(7)出雲工(島根)  14分47秒

(8)高川学園(山口) 15分 0秒

 【女子】(1時間台は省略)

(1)倉敷(岡山)   10分22秒

(2)興譲館(岡山)  10分32秒

(3)舟入(広島)   12分29秒

(4)世羅(広島)   12分49秒

(5)中村女子(山口) 12分55秒

(6)西条農(広島)  13分51秒

(7)岡山操山(岡山) 14分45秒

(8)益田東(島根)  15分20秒


 ■男女区間賞

 【男子】1区(10キロ)若林陽大(倉敷)30分53秒▽2区(3キロ)山下空良(倉敷)9分4秒▽3区(8・1075キロ)ハリソン・ガトト(倉敷)24分27秒▽4区(8・0875キロ)石原翔太郎(倉敷)24分13秒▽5区(3キロ)増木祐斗(世羅)8分58秒▽6区(5キロ)井田春(倉敷)14分52秒▽7区(5キロ)円健介(倉敷)15分27秒

 【女子】1区(6キロ)金光由樹(岡山操山)19分22秒▽2区(4・0975キロ)シェイラ・チェロティチ(益田東)13分41秒▽3区(3キロ)徳重夢乃(舟入)9分52秒▽4区(3キロ)和田澄果(中村女子)10分37秒▽5区(5キロ)アグネス・ムカリ(倉敷)、ムワンギ・レベッカ(興譲館)16分6秒