男子・八千代松陰がV 女子・成田は3位 /千葉

毎日新聞

 男子第71回、女子第27回関東高校駅伝競走大会(関東高体連など主催、毎日新聞社など後援)が18日、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場を発着点とする周回コース(男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロ)で行われた。8都県の各予選で6位以内に入った男女計96チームが出場し、県勢チームは、いずれも全国大会出場を決めている男子・八千代松陰が優勝し、女子・成田は3位だった。

 女子の全国大会は今年第30回記念大会で、レースの結果、昌平(埼玉)、錦城学園(東京)がそれぞれ全国切符を獲得した。【畠山嵩、大平明日香】

県勢の記録(カッコ内数字は順位)

 <男子>(1)八千代松陰2時間5分17秒(3)市船橋2時間6分51秒(15)西武台千葉2時間8分43秒(19)流通経大柏2時間9分58秒(22)専大松戸2時間10分5秒(26)日体大柏2時間11分1秒

 <女子>(3)成田1時間9分52秒(11)日体大柏1時間11分36秒(13)市船橋1時間11分46秒(24)八千代松陰1時間14分50秒(25)小金1時間15分14秒(29)流通経大柏1時間16分32秒