県勢、優勝飾る 男子・松山商 女子・八幡浜 /愛媛

毎日新聞

四国高校駅伝で、優勝のフィニッシュテープを切る松山商の岡田樹選手=高知市の東部総合運動場で、松原由佳撮影

 男子第62回、女子第30回四国高校駅伝競走大会(四国高体連など主催)が18日、高知市の東部総合運動場周回コースであった。男子(42・195キロ)は松山商が2年連続3回目、女子(21・0975キロ)は八幡浜が6年ぶり4回目の優勝を果たし、県勢でアベック優勝を決めた。

 男子は松山商が出遅れたが、3区の巻田理空(りく)選手(2年)の3人抜きでトップに立ち、約2分半差を付けてテープを切った。女子は八幡浜の1区・中村優希選手(3年)と5区・山中海月(みつき)選手(2年)が区間賞の活躍を見せた。全区間通して先頭を譲らず、完勝した。

四国高校駅伝で、優勝のフィニッシュテープを切る八幡浜の山中海月選手=高知市の東部総合運動場で、松原由佳撮影

 各県予選の優勝校は12月23日に京都市で行われる全国大会に出場する。女子は記念大会で1枠増えており、県予選優勝校を除いた最上位に入った四学大香川西(香川)も都大路への切符を手にした。

試合ではサポーターが最後までFC今治に大声援を送った=愛媛県今治市高橋ふれあいの丘の夢スタで、松倉展人撮影

 また、一般選手が参加する県対抗の男子第65回、女子第25回四国駅伝競走大会も同時に行われ、男子は徳島、女子は愛媛が優勝した。【北村栞、松原由佳】


 成績は次の通り。記録は男子が2時間台、女子が1時間台。

高校

 【男子】(1)松山商9分51秒(4)新居浜東13分16秒(5)宇和島東13分26秒(8)八幡浜15分27秒

 【女子】(1)八幡浜12分10秒(5)新居浜東14分22秒(8)今治北16分23秒

一般

 【男子】(2)愛媛13分24秒

 【女子】(1)愛媛11分47秒