男子、鳥栖工6位 女子、佐賀清和14位 /佐賀

毎日新聞

 福岡県嘉麻市で18日、男子第71回、女子第30回全九州高校駅伝競走大会(九州高校体育連盟など主催)が開かれた。県勢のトップは男子が鳥栖工で2時間8分38秒の6位、女子は佐賀清和が1時間13分45秒で14位だった。

 鳥栖工の西久保遼主将(3年)は「全国はもっと高いレベルになるので、上位陣にくらいつき、全てを出し切りたい」と気を引き締めた。佐賀清和のアンカー、渡辺夕奈選手(3年)は「都大路では1時間11分30秒が目標。もっと良い走りができるようにしたい」と話した。【佐野格】

 その他の各校の記録は以下の通り。(カッコ内数字は順位)

 【男子】(19)白石・新白石2時間15分38秒(21)唐津工2時間19分33秒

 【女子】(17)白石・新白石1時間15分24秒(21)鹿島・鹿島実・新鹿島1時間21分26秒