女子・樟南も全国切符 南九州地区代表、3年ぶり3回目 /鹿児島

毎日新聞

 福岡県嘉麻市で18日にあった男子第71回、女子第30回全九州高校駅伝競走大会。女子は神村学園(鹿児島)が1時間8分10秒で3連覇。樟南(鹿児島)が1時間8分54秒の3位で、南九州地区代表として3年ぶり3回目の全国大会出場を決めた。男子は九州学院(熊本)が2時間4分34秒で優勝した。【杣谷健太】

 その他の熊本、宮崎、鹿児島3県各校の記録は次の通り。(カッコ内数字は順位)

 【男子】(3)宮崎日大2時間6分57秒(5)小林(宮崎)2時間8分10秒(7)鹿児島城西2時間8分48秒(12)開新(熊本)2時間9分48秒(14)樟南2時間10分55秒(16)鹿児島実2時間11分25秒(17)熊本工2時間11分35秒(20)都城工(宮崎)2時間18分12秒

 【女子】(8)鹿児島女子1時間11分26秒(9)宮崎日大1時間12分8秒(10)千原台(熊本)1時間12分45秒(12)有明(熊本)1時間13分18秒(13)熊本信愛1時間13分32秒(18)小林1時間15分35秒(20)都城商(宮崎)1時間21分13秒