23日号砲 男子・洛南と女子・立命館宇治、京都光華 激励会で抱負 /京都

毎日新聞

全国高校駅伝競走大会での健闘を誓う女子・立命館宇治(前列)、京都光華(中列)、男子・洛南(後列)の選手と監督たち=京都市上京区の毎日新聞京都支局で、川平愛撮影

男子・洛南「都大路の借りを返す」/女子・立命館宇治「まとまり大事に練習」/女子・京都光華「力を出し切り頑張る」

 23日の男子第69回・女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)に出場する府勢の男子・洛南(4年連続25回目、府代表)と女子・立命館宇治(30年連続30回目、同)、京都光華(10年ぶり2回目、近畿地区代表)の激励会が30日、京都市上京区の毎日新聞京都支局であり、3校の選手、監督らは大会本番での健闘を誓っていた。

 今西拓人支局長は「駅伝は団体競技。仲間を信じる気持ちを大切にがんばってください」とあいさつ。立命館宇治の桶谷南実主将(2年)は「今は力が一番上がる時期。チームのまとまりを大事に練習に取り組んでいく」、京都光華の枚田茉優主将(3年)は「全国大会に出られただけで満足せず、力を出し切って頑張りたい」、洛南の盛本聖也主将は「昨年(45位)の悔しさからスタートしたチーム。都大路の借りは都大路で返す」と、それぞれ抱負を語った。

 一行は同日、府庁、京都市役所などもあいさつに訪れた。大会は京都市右京区の西京極陸上競技場を発着点とする女子5区間21・0975キロ、男子7区間42・195キロのコースで実施される。スタートは女子が午前10時20分、男子は午後0時半。【矢倉健次】

〔京都版〕