市長表敬、成田高の女子選手ら都大路へ健闘誓う 23日、京都 /千葉

毎日新聞

 23日に京都市で開かれる女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に県代表として出場する成田高校陸上部の選手らが7日、成田市役所を訪れ、小泉一成市長を表敬訪問し、都大路への意気込みを語った。

 同高は2年ぶり8回目の県大会優勝を果たし、全国大会への切符をつかんだ。笹野真愛(まあさ)主将(3年)は「成田の名を背負って優勝し、全国に成田の名をアピールしたい」と力強くあいさつ。小泉市長は「プレッシャーを楽しみに変えて、たすきをつないでください」と激励した。

 今年は30回目の記念大会のため、都道府県代表47校に全国11地区の代表を加えた58校が出場する。【加古ななみ】