学法石川選手ら入賞へ意気込み 毎日新聞支局来訪 /福島

毎日新聞

 23日に京都市で行われる男子第69回・女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に県代表として出場する学法石川の選手らが10日、毎日新聞福島支局を訪れ、意気込みを語った。

 学法石川は、10月の県大会で男女とも全員区間賞を達成して優勝した。昨年の全国大会は男子が12位、女子が15位だった。

 森涼校長、木村雅俊教諭、横田俊吾主将(3年)、佐々木優佳主将(同)が来社。横田主将は「最後は笑ってゴールできるよう、3位以内の入賞を目指す」と自信をのぞかせた。佐々木主将は「女子は全体の力が底上げされている。8位入賞を目指してがんばりたい」と話した。【寺町六花】