女子・津商、市長に都大路での健闘誓う /三重

毎日新聞

 全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に女子県代表として出場する津商の選手らが10日、津市役所で前葉泰幸市長に都大路での健闘を誓った。

 津商は県予選では全5区間中3区間区間賞の力走で、4年連続10回目の全国大会出場を決めた。村島正敏監督は「大会まで2週間を切ったが、順調に過ごしている」と近況を報告。岡本凪布主将(3年)は「最後まで全力で走りたい」と決意を語った。前葉市長は「京都の伝統の地が持つパワーをもらいながら、楽しんで走ってください」と激励した。【谷口豪】

〔三重版〕