走る姿感動、野菜で応援 3JA、県代表校に贈呈 高知農と山田の選手受け取る /高知

毎日新聞

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連など主催)に県代表として出場する高知農と山田の選手を応援しようと、物部川流域3JA(JA長岡、JA南国市、JAとさかみ)は10日、2校にネギ、イチゴなど野菜や果物を贈呈した。【北村栞】

 山田高(香美市土佐山田町旭町3)では、JAとさかみの森田祐輔・代表理事常務が「毎年雄姿に感動し我が子のように応援している」と激励。山田の大塚日真莉主将(3年)は「いただいた差し入れをたくさん食べて、残り少ない時間の体調管理をしっかりしたい」と応じた。

 その後、高知農高(南国市東崎)に場所を移し、JA南国市の徳久一夫・代表理事常務が「全国大会出場は地域にとっても大変名誉な功績。将来の農業というたすきを受け継ぐ担い手になってくれることを願う」とエールを送った。高知農の佐古田暁人主将(3年)は「たくさんの方々から支えられていることを忘れずに頑張っていきたい」と抱負を述べた。

 全国駅伝は23日、京都市で行われる。高知農は3年連続43回目、山田は30年連続30回目の出場となる。