那須拓陽に米や和牛 JAなすの贈呈 選手ら力走誓う /栃木

毎日新聞

 JAなすの(那須塩原市)は12日、男子第69回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、全国高体連、毎日新聞社など主催)に出場する那須拓陽の陸上競技部男子チームに、組合員が生産した米や和牛を贈呈した。選手らは特産品を食べての力走を誓った。

 贈られたのは、地元産の米「なすそだち」(30キロ)▽那須和牛の肉(5キロ)▽イチゴ「とちおとめ」(20パック)--。レース会場となる京都の宿泊先に届けられる。

 同校であった贈呈式では、同校OBの菊地秀俊組合長がお祝いを述べ、小野恵崇主将に贈呈品の米俵や目録を手渡した。菊地組合長は「日ごろの練習の成果を十二分に発揮し、目標の成績を残せるよう頑張ってほしい」と激励。小野主将は「支援物(贈呈の農畜産物)を力に変え、頑張ってきたい」と決意を述べた。【柴田光二】