主将「力出し切る」 西脇工、市長に健闘誓う /兵庫

毎日新聞

兵庫県西脇市の片山象三市長(前列左端)らの激励訪問を受けて、健闘を誓う西脇工の藤本主将(同左から3人目)ら選手たち=同市野村町の同校で、広田正人撮影

 京都市の西京極陸上競技場発着で23日にある男子第69回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に、県代表として出場する西脇工業高校(西脇市野村町)を14日、片山象三市長が訪問し、激励金などを贈った。

 寺岡正人校長や足立幸永監督、藤本珠輝主将や庭月野颯汰副主将ら選手が迎える中、林晴信市議会議長らと訪れた片山市長は「30回目の出場、心からお祝いします。最高のコンディションで臨んで」とあいさつ。友好都市の北海道富良野市から届いた名水などのほか、果物やジュースを選手に手渡した。藤本主将は「気負わず一人一人が力を出し切った上で、少しでも良い色のメダルが取りたい」と応え、健闘を誓っていた。【広田正人】

〔播磨・姫路版〕