100%の力で最高順位を 女子代表・北九州市立、全校壮行会で激励 /福岡

毎日新聞

 京都市で23日に開かれる女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に北九州地区(福岡、佐賀、長崎、大分4県)代表として出場する北九州市立高校(戸畑区)の選手たちを激励する壮行会が14日、同校体育館で開かれた。

 選手代表として山口真実主将(3年)は「過去最高順位の5位以上でゴールできるよう100%以上の力を出し切りたい」と決意を述べた。

 生徒会長の八色祐依(やいろゆい)さん(2年)は「本番では今までの努力の積み重ねを最大限発揮して」。中嶋洋校長は「日ごろ苦しい練習をして出場権を得たのだから、都大路では楽しんで自分の走りをしてほしい」と激励。全生徒が大きな拍手で選手たちにエールを送った。【山本泰久】

〔北九州版〕