高校駅伝’18 県勢の顔/下 女子・大分東明 選手たちの抱負 /大分

毎日新聞

 カッコ内は学年、出身中学、3000メートルのタイム

神田美沙主将

 3年間の集大成なので、入賞を目指し、納得のレースで監督を胴上げしたい。(3年、三重、9分15秒5)

マータ・モカヤ選手

 区間賞を目指して頑張って走ります。チームの勝利に貢献したい。(3年、ケニア、8分51秒11)

有田菜々美選手

 培ったスタミナを生かして堂々と走り、1秒でも早くたすきをつなぎたい。(2年、東中津、9分43秒70)

磯部涼美選手

 昨年はうまく走れなかったので、今回は区間賞をとり、順位を上げたい。(2年、明野、9分20秒80)

賀籠六里歩選手

 3年生が気持ち良く最後を迎えられるよう、流れを切らさない走りをしたい。(2年、久住、10分8秒63)

紀野愛実選手

 優勝を目指す。せめて8位入賞したい。順位を上げてチームに貢献したい。(2年、滝尾、9分59秒83)

武井萌夏選手

 入賞を狙ってきた1年間の集大成なので、全力でたすきをつなぎたい。(2年、豊陽、10分39秒86)

足立愛香選手

 きつくなっても粘り強く前を走る選手についていき、上位を狙いたい。(1年、城東、10分16秒19)