できる限りの走りを 滋賀学園が東近江市長訪問 /滋賀

毎日新聞

滋賀県東近江市の小椋正清市長(右端)から激励される滋賀学園の松田爽汰主将(右から2人目)ら=同市役所で、蓮見新也撮影

 23日に京都市で開かれる全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に男子の県代表として出場する滋賀学園(東近江市)の選手や監督らが17日、東近江市の小椋正清市長を表敬訪問した。

 滋賀学園は3年ぶり11回目の出場。大河亨監督が選手10人とマネジャーを紹介し、小椋市長は「努力と準備は裏切らない。記録更新と全国優勝を目指す気で頑張ってほしい」と松田爽汰主将(3年)らを激励。善田修平副主将(3年)が「皆さんの期待に応えたい」と決意を表明した。

 県予選でアンカーを務めた松田主将は「どこの区間を走るかは分からないが、走らせてもらえることに感謝し、できる限りの走りをしたい」。大河監督は「今年のチームはメンバーがそろったので、入賞の8位以内を狙いたい」と意気込みを語った。【蓮見新也】