新潟産大付が壮行会 全校生徒が拍手 /新潟

毎日新聞

 23日に京都市・都大路で開かれる第30回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)に女子の県代表として出場する新潟産業大学付属高校の壮行会が18日、柏崎市安田の同校体育館で行われた。

 控えを含む9選手が全校生徒約410人の拍手と吹奏楽部による演奏で迎えられ、都大路での健闘を誓った。

 宮山碧唯(あおい)主将(3年)は「全員でつないだたすきを掛け、粘り強く走りたい」と意気込んだ。同じ陸上部に所属する生徒会長の陸川明日香さん(2年)は「自信を持って、楽しいレースをしてほしい」と述べ、同校の藤井泰昭校長も「県の代表として誇りを持って、正々堂々と頑張ってきてください」と激励した。

 新潟産大付は3年連続、3回目の都大路出場となる。【北村秀徳】