男子・つるぎ 選手紹介 /徳島

毎日新聞

石川太一(3年)

 限界を超えても、そこからもう一段階粘れる所が今年のチームの強み。自信を持って臨みたい。

尾崎迅(3年)

 中学から都大路で走りたかったので今年初出場できてうれしい。今まで走れなかった悔しさをぶつけたい。

宮本大生(3年)

 昨年は故障し、出場できなかった。その悔しさをバネに走りたい。下りが得意なのでそこで差を付けたい。

宇山真郷(3年)

 基礎練習から大切にしてきた。自分にとって最後の大会なので今までより強い気持ちを持って走りたい。

永本洋佑(3年)

 ピッチの速さを武器に、チームを引っ張りたい。3年間積み重ねた自分の努力を信じて走りたい。

前川直樹(3年)

 この1年後悔のないように日々の練習に取り組んできた。粘り強い走りで、今年こそは結果を残したい。

北原潤(2年)

 チームが全国に通用する事を証明したい。中盤の粘り強さを武器に1人でも多く抜いてたすきを渡したい。

笠井春輝(1年)

 初めての都大路で緊張しているが、自分が今まで練習してきたことを信じて頑張りたい。

香西祐一朗(1年)

 去年より上位に入れるよう貢献したい。選ばれていない選手の分まで走れるように頑張りたい。

和田倖明(1年)

 任された区間は持ち味であるスピードを生かし、前の選手に追いついて良い位置でたすきをつなぎたい。


 名前(学年) 本番へひと言