都大路での活躍を誓う 中京院中京が壮行会 /岐阜

毎日新聞

 京都市で23日に開催される「男子第69回全国高校駅伝競走大会」(毎日新聞社など主催)に出場する中京学院大中京(瑞浪市)陸上競技部の激励壮行会が20日、同校であった。11年連続38回目の出場で、堀川虹哉主将(3年)は選手を順番に紹介し、「一人一人が力を出し切り、頑張ってきます。応援よろしくお願いします」と決意を述べた。

 来賓として、瑞浪市立瑞浪小学校の二郷真奈・運動委員長、渡辺樹輝・同副委員長(いずれも6年)が招かれた。中京学院大中京の選手が毎年「持久走講習会」として走り方を指導している縁があり、二郷さんらは「教えていただいた腕の振り方で、マラソン大会を走れました。皆さんも全力で走りきることを願っています」とエールを送った。瑞浪小学校からは、5、6年の児童によるメッセージカードを組み合わせて「中京FIGHT」と描かれた横断幕もプレゼントされた。

 激励壮行会は同校主催。陸上競技部の他、今冬に全国大会に出場するスケート部、弓道部、レスリング部も参加した。【横田伸治】