女子・鳴門 選手紹介 /徳島

毎日新聞

大磯彩(3年)

 自分にとって最後の大会なので、苦しい時も気持ちで乗り切りたい。自己ベストを出せるよう頑張りたい。

小濱麻央(2年)

 昨年けがのため走れなかった悔しさをぶつけたい。持ち味のスピードで40番以内に食い込みたい。

森岡美羽(2年)

 昨年は故障に見舞われたが今年は良い感じに仕上がっている。5キロ17分半以内を目標に走る。

友江奈穂子(2年)

 昨年も出場したので、今年は気持ちに余裕がある。粘り強さを生かし1人でも多く抜きたすきを渡したい。

古山育弥(2年)

 調子は上向きで、ラストスパートも上がるようになった。昨年の結果を越えられるように走りたい。

浅田菜摘(1年)

 初出場で緊張しているがチームに強い選手が多く心強い。支えてくれた人の気持ちを自分の走りで返したい。

河野有沙(1年)

 代表メンバーに選ばれて驚いているが、自分にできる仕事があれば精いっぱい頑張りたい。

西渕明里(1年)

 最後まで粘り強く走ることが強み。先輩たちのためにも自己ベストを出してチームに貢献したい。


 名前(学年) 本番へひと言