あす号砲 八千代松陰 前半勝負で上位狙う/成田 1、2年生中心で挑む /千葉

毎日新聞

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸上競技連盟など主催)が23日、京都市の西京極総合運動公園を発着点に開かれる。スタートは女子(5区間21.0975キロ)が午前10時20分、男子(7区間42.195キロ)が午後0時半。男子は都道府県代表の47校、女子は記念大会のため都道府県代表と地区代表の計58校が出場する。県勢は男子が八千代松陰、女子が成田。大会を前に両校を紹介する。【加藤昌平】

八千代松陰 前半勝負で上位狙う

 八千代松陰は3年ぶり11回目の全国大会出場。最高順位の準優勝を果たした1982年のチームメンバーだった大塚正人監督(54)の下、今年は上位を狙う。

 チームを引っ張るのは、5000メートル14分20秒のエース、佐藤一世選手(2年)。県予選では1区を走り、区間賞に輝いた。大塚監督は「佐藤は駅伝が好き。ひょうひょうと練習をこなしている」と話し、大会に向け、リラックスして調整できているという。

 同じ2年の石井一希選手は5000メートル14分8秒でチーム最速。今年は坂での走り込みを増やしてスタミナを付けた。「どの学校にも負けず、力を発揮したい」と意気込む。大塚監督も「1区を走らせることもあり得る」と期待を寄せる。

 県予選ではアンカーを走り、見事に逃げ切った水村竜己選手(3年)は、都大路でもアンカーを走る予定。「自分はアンカーの時が一番強い」と自他共に認める。

 大塚監督は「前半にリードして勝負を懸ける」と戦略を語った。

成田 1、2年生中心で挑む

 成田は2年ぶり8回目の全国大会出場。これまでの最高順位は2016年の5位で、年々着実に力を付けている。今年は1、2年生を中心としたフレッシュな布陣で入賞を狙う。

 1区を予定しているのはエースの風間歩佳選手(2年)。今年のインターハイ3000メートルで決勝に進出しており、3000メートルのタイムはチーム最速の9分9秒。緩やかな坂が続く1区だが、成田山の坂を走るトレーニングを続けており、「坂には慣れている」と自信を見せる。

 国体で入賞した小坂井智絵選手(1年)の走りも期待される。中学時代に京都で走った経験があり、「他校の上級生にも恐れず、堂々と走って勝ちたい」と気合を入れた。

 主将の笹野真愛選手(3年)はチームで唯一、2年前に全国大会を経験した。「去年出られなかった悔しさを晴らしたい」と意気込んでいる。

 松澤誠監督(49)は「速い選手を前半にそろえ、流れを作って後半の4区、5区につなげていきたい」と話した。


八千代松陰

出場=3年ぶり11回目

県予選=2時間7分49秒

監督=大塚正人(54)

永山龍吉<3>14分47秒

佐藤一世(2)14分20秒

早川晃平(3)14分50秒

石井一希(2)14分8秒

富田峻平(3)14分34秒

鶴元太(1)14分58秒

中園慎太朗(3)14分32秒

水村竜己(3)14分41秒

白鳥優人(3)14分45秒

石井睦巳(3)14分50秒

西田琉唯(3)14分55秒

成田

出場=2年ぶり8回目

県予選=1時間10分18秒

監督=松澤誠(49)

風間歩佳(2)9分9秒

山崎りさ(1)

小杉真生(2)9分34秒

笹野真愛<3>9分24秒

小坂井智絵(1)9分39秒

藤村華純(3)9分24秒

保科琴音(3)9分30秒

谷藤千夏(3)9分34秒

 ※大会申込書に基づき作成。カッコ内数字は学年、<>は主将。記録は今年度の公式ベストタイム(男子5000メートル、女子3000メートル)