女子 新潟第一、心一つに 話し合い、切磋琢磨 /新潟

毎日新聞

 10月の県大会は3位に終わった新潟第一。しかし11月の北信越大会では、アンカー(5区)の高橋雅選手(3年)が星稜(石川県)を追い抜いて3位に。30回記念大会で今年特別に設けられた地区代表枠をつかみ取り、都大路への残る1枚の切符を手にした。同校にとって都大路は10年ぶり。「もう一度みんなと走れる」と、メンバー全員が都大路のひのき舞台を待ちわびている。

 3000メートル9分台の飛び抜けた選手はいない。それでも都大路に駒を進められたのは、顧問の大野純先生と宮下敏資監督という2人の指導者を全員が信じ、地道に研さんを重ねてきたためだ。

 「実は元々、北信越大会に照準を絞って調整を進めていたんです」と大野先生は言う。大野先生と宮下監督は、県大会で優勝を狙うより、各県大会の2位、3位で地区代表の座を争う北信越大会に勝負を懸けるのが得策だと判断。選手には内緒で北信越大会に照準を合わせた練習メニューをこなさせてきた。

 県大会終了後、この事実を告げると、都大路への夢は絶たれたと思っていた選手たちは歓喜。北信越大会までの2週間余り、宮下監督が考案した「仕上げメニュー」に懸命に打ち込んだ。

 仕上げメニューとは、これまで2キロずつ3セット、などと細切れに行ってきたメニューを、6キロまとめてこなすというもの。県大会までに基礎を固めていた選手たちは仕上げで長距離を走る上でのリズム感と、精神力に磨きをかけた。北信越大会では全員が手堅く力走。地区代表を巡る争いを勝ち抜いた。

 チームの中核は谷間咲南選手(3年)だ。1年時には北信越総体の女子800メートルで優勝した快足の持ち主。県大会では長距離の調整が間に合わず、5区間中最も短い3キロの3区で出走した。区間賞には輝いたものの「もっと長距離区間で走ることができれば必ず武器になる」との思いで練習を積み、北信越大会では2区を走ってチームをけん引。「調子は上がってきているし、気持ちも高まっている」と都大路に向けた意気込みを語った。

 「どの選手も、着実に調子を上げてきている」と大野先生は自信をみせる。目標は30位以内。3年選手が多いだけに「3年間の集大成を見せてほしい」。

 チーム最大の強みは一体感だ。「良いことも、悪いことも気兼ねなくみんなで話しあえるチーム」。森山優香主将(同)はそう語る。細かいことまでメンバー全員で話し合い、切磋琢磨(せっさたくま)し合ってきた。昨年は全員で京都まで観戦に行き、改めて「この舞台に立ちたい」という気持ちを高めた。「だからこそ、都大路への気持ちはみんな強い」

 「(北信越で)一人一人が役割を果たせた結果の都大路だと思う。全国に出るのはすごいこと。その気持ちを忘れずに走ってほしい」。宮下監督は語った。一度は絶たれたかと思われた都大路への切符。再びメンバー全員で走れることへの感謝の気持ちを胸に、鮮やかな水色のユニホームが都大路で躍動する。【北村秀徳】


都大路での過去10年の県勢順位

 ■男子

2008年 東京学館新潟 37位

  09年 東京学館新潟 48位

  10年 村上桜ケ丘  46位

  11年 中越     34位

  12年 中越     36位

  13年 中越     36位

  14年 関根学園   44位

  15年 中越     48位

  16年 中越     31位

  17年 中越     29位

 ■女子

2008年 東京学館新潟 35位

      新潟第一   36位

  09年 新潟明訓   33位

  10年 新潟明訓   37位

  11年 新潟明訓   31位

  12年 新潟明訓   42位

  13年 新潟明訓   53位

  14年 新潟明訓   37位

  15年 新潟明訓   51位

  16年 新潟産大付  42位

  17年 新潟産大付  37位