都大路で力走誓う 男子・一関学院、女子・盛岡誠桜 きょう号砲 /岩手

毎日新聞

 23日に京都市で開かれる男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、同市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)であった。県代表の男子・一関学院と女子・盛岡誠桜の選手たちは引き締まった表情で臨み、都大路での力走を誓った。

 47都道府県の男女代表校に、30回大会を記念して女子の地区代表11校が加わり、計105校が集結した。

 前回5位の一関学院・小倉朝陽(あさひ)主将(3年)は「連続入賞に縛られることなく、リラックスした走りで思い切りの良いレース展開へとつなげたい」。当初予定のオーダーを変更した盛岡誠桜・山本芽生(めい)主将(3年)は「選手の走る区間が大きく変わったが、ここまできたら思いきり走るだけ。今まで以上の力を出していきたい」と意気込みを見せた。

 大会は23日の午前10時20分に女子、午後0時半に男子が西京極陸上競技場をスタートする。【日向米華】