学法石川、本番へ闘志燃ゆ 開会式前、オーダー発表 /福島

毎日新聞

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)であり、男女の県代表、学法石川が参加した。オーダーが正式に発表され、選手たちは23日の本番に向け意識を集中させていた。女子は5区間(21・0975キロ)で午前10時20分、男子は7区間(42・195キロ)で午後0時半にスタート予定。【寺町六花】

 松田和宏監督が開会式の前に選手たちの前でオーダーを発表した。「3位以内を狙う」と松田監督が自信を持つ男子は、1区(10キロ)に主力の櫛田佳希選手(3年)が決まった。初出場だった昨年は緊張で体が硬くなったが「気持ちで負けたくない。エースがそろう区間だけど、自分の走りに集中する」と決意を語った。2区(3キロ)を走る小指(こざす)卓也選手(同)は「スピードが重要になる区間。良い勢いで次につなげる」。3年連続で4区(8・0875キロ)を走る横田俊吾主将(同)は「経験と持久力があるので、区間賞は取れると思う」と自信をのぞかせた。

 女子は過去最高位だった昨年15位を上回る成績を目指す。松田監督は「前半でついて行けるかが鍵を握る」と分析する。1区(6キロ)を走るのは赤間陽菜選手(2年)。「緊張はあるけれどわくわくする。厳しい戦いになると思うけれど、攻めの走りでチームに貢献したい」と笑顔で話した。2区(4・0975キロ)は熊谷萌選手(3年)がたすきをつなぐ。「前半の上り坂で粘り、後半の下り坂でペースを上げたい。最後のレースなので悔いのないように」と意気込んだ。

 開会式後、選手たちは関西福島県人会の激励を受けた。鈴木直(なおし)会長が「本番は県民や県人会が実況を見ながら応援している。悔いを残さず走り抜け、歴史に新しいページを刻んでほしい」とあいさつすると、選手たちは再び気を引き締めていた。


出場予定選手◇

男子・学法石川

1区 櫛田佳希(3)

2区 小指卓也(3)

3区 松山和希(2)

4区 横田俊吾(3)

5区 大塚稜介(3)

6区 渡辺亮太(2)

7区 国分駿一(3)

女子・学法石川

1区 赤間陽菜(2)

2区 熊谷萌(3)

3区 井沢真美佳(3)

4区 大須賀ミウ(2)

5区 湯田真奈美(2)

 ※カッコ内数字は学年