選手ら力走誓う 水城、茨城キリスト きょう号砲 /茨城

毎日新聞

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(同市体育館)であり、県代表の男子・水城(10年連続13回目)、女子・茨城キリスト(3年連続22回目)の選手らが力走を誓った。

 開会式では連続出場校の表彰もあり、水城の山野内吉明理事長に表彰状が贈られた。選手たちは、引き締まった表情で臨み、23日のレース本番に向け、気持ちを高めていた。

 水城の小林竜也主将(3年)は「落ち着いて調整ができ、選手たちはリラックスしている。8位以内に入賞できる実力はある」と気合をみなぎらせ、小松崎禎行監督は「3年生を軸にしたレースになる。互いの力を信じて伸び伸びと楽しく走ってほしい」と話した。

 茨城キリストの高橋明日香主将(3年)は「県記録(1時間9分36秒)の更新と10位以内を目標に、精いっぱい頑張る」と語り、山本友子監督は「京都に入ってからみんな笑顔。レースでは前に人がいたら食らいついていくという気持ちで走ってほしい」と期待を込めた。

 女子(21・0975キロ)は23日午前10時20分、男子(42・195キロ)は同日午後0時半に京都市西京極陸上競技場をスタートする。【韮澤琴音】


出場メンバー

 <男子・水城>

1区 長山勇貴(3)

2区 亘理魁(1)

3区 助川拓海(3)

4区 山谷昌也(3)

5区 土子将輝(3)

6区 荻沼直人(3)

7区 小林竜也<3>

 <女子・茨城キリスト>

1区 高橋明日香<3>

2区 宮内志佳(2)

3区 高橋里佳(3)

4区 滝なつみ(3)

5区 飯嶋勇(3)

 ※カッコ内数字は学年(<>は主将)、当日の変更もあり得る。