きょう号砲 男子・八千代松陰、女子・成田 開会式、闘志新た /千葉

毎日新聞

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸上競技連盟、全国高校体育連盟など主催)の開会式が22日、京都市のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)で開かれた。レースは23日、西京極陸上競技場を発着点に行われ、県勢は男子が3年ぶり11回目の八千代松陰、女子は2年ぶり8回目の成田が出場する。

 開会式では、都道府県の代表校名が一校一校アナウンスされた。

 女子の1区を走る成田の風間歩佳選手(2年)は「スタート位置は外側の端で良い位置を取れた。コースに悪い印象はないので、積極的な走りをしたい」と自信を見せた。

 男子の八千代松陰の石井一希選手(2年)は3区を任され、他校の留学生と競う。石井選手は今年のインターハイ5000メートル予選でケニアの留学生2人に追い付けなかったことを振り返り、「今回は他校の留学生や上級生に負けないよう走りたい」と意気込んだ。

 大会には、男子47校、女子58校が出場する。女子(5区間、21・0975キロ)が午前10時20分、男子(7区間42・195キロ)は午後0時半にスタートする。【加藤昌平】