きょう号砲 県勢3校が闘志 /新潟

毎日新聞

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)であった。県内からは3校が出場する。男子代表の開志国際、女子代表の新潟産大付、北信越地区代表の新潟第一の選手はそれぞれ、23日の号砲に向け真剣な面持ちで臨んだ。【北村秀徳】

 初出場を果たした開志国際の選手は22日、約1キロのランニングで汗を流した。1区の阿部爽真主将(3年)は「どんな速い選手も、同じ都道府県代表。しっかり食らいつきたい」と意気込んだ。

 3年連続3回目の都大路に臨む新潟産大付は、同日、午前は走り込み、午後は軽めの調整でコンディションを整えた。5区の宮山碧唯(あおい)主将(同)は「過去3年で一番練習を積めている。粘り強い走りをしたい」と自信をのぞかせた。

 30回記念大会で特別に設けられた北信越地区代表の座を獲得し、10年ぶり8回目の出場を決めた新潟第一。同日は5、6キロの距離をランニングした。4区の森山優香主将(同)は「あらためて大舞台に立った実感がわいた。目標達成のために頑張りたい」と話した。

 大会には、男子は各都道府県代表の47校、女子は地区代表11校を加えた58校が参加する。レースは京都市西京極総合運動公園陸上競技場を起点に、女子は午前10時20分、男子は午後0時半にスタートする。大会の模様はNHK総合テレビ、ラジオ第一で女子午前10時5分から、男子午後0時15分から生中継される。