きょう号砲 「楽しんで走る」 男子・韮山、女子・島田 /静岡

毎日新聞

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、京都市右京区のハンナリーズアリーナであった。県代表の韮山(男子)と島田(女子)の選手らは23日の本番を前に表情を引き締めていた。

 韮山の小沢大輝選手(3年)は「ずっと目指していた憧れの都大路。チームとして8位入賞を目指す」と意気込んだ。島田の池田早帆莉(さおり)選手(3年)は「緊張の気持ちより楽しむ気持ちの方が強い。任された区間を楽しんで走りたい」と話した。韮山は67年ぶり3回目、島田は2年ぶり4回目の出場だ。

 23日は女子が午前10時20分、男子が午後0時半にそれぞれ西京極総合運動公園陸上競技場をスタートする。NHKのテレビとラジオで全国中継される。【大谷和佳子】