男子・西脇工と女子・須磨学園、都大路決戦へ意気揚々 京都で開会式 /兵庫

毎日新聞

都大路での健闘を誓う須磨学園の男子選手たち=京都市右京区のハンナリーズアリーナで、黒川優撮影
本番に向け意気込む須磨学園の女子選手たち=京都市右京区のハンナリーズアリーナで、黒川優撮影

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、京都市のハンナリーズアリーナ(同市体育館)であった。県代表の西脇工男子と須磨学園女子の選手たちは、校名を呼ばれると誇らしげに立ち上がり、表情を引き締めた。

 2年ぶり30回目の出場を果たした西脇工の藤本珠輝(たまき)主将(3年)は「ここが都大路なんだ、と実感した。目標の全国3位以内に向けて、良い状態で来られた」とリラックスした表情で話した。3年ぶり23回目の出場の須磨学園の金山琳(りん)主将(3年)は「チームのみんなで『勝ちたいね』と話している。『全員駅伝』で優勝したい」と決意を語った。

 23日は、女子が午前10時20分、男子が午後0時半に、京都市の西京極陸上競技場をスタート。女子5区間(21・0975キロ)、男子7区間(42・195キロ)を駆け抜ける。【黒川優】

〔神戸版〕