男子・西脇工と女子・須磨学園、都大路決戦へ意気揚々 両監督の話 /兵庫

毎日新聞

序盤から1位を 足立幸永・西脇工監督

 理想は1区でトップに立ってそのままゴールすること。現実的にも1~3区が勝負。選手はみんなリラックスしている。高校生らしくレースを楽しんでもらいたい。

後半勝負かける 浜本憲秀・須磨学園監督

 まずは選手一人一人が自分の仕事をして、タスキをつなぐことが一番大事。1区、2区で上位に食らいつき、3~5区の後半戦で勝負をかけて優勝を狙う。

〔神戸版〕