開会式 本番へ力強く 男子・つるぎ、万全で挑む 女子・鳴門、状態は最高 /徳島

毎日新聞

大会へ向け意気込むつるぎの選手たち=京都市右京区の西京極運動公園で、岩本桜撮影
大会へ向け意気込む鳴門の選手たち=京都市右京区の西京極運動公園で、岩本桜撮影

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(市体育館)であった。23日の本番を控えた県代表の男子・つるぎ、女子・鳴門の選手たちは、真剣な表情で式に挑み、校名を呼ばれると深く一礼した。【岩本桜】

 開会式前の取材で、つるぎの石川太一主将(3年)は昨年の大会で全国47位だったことを受け「去年の悔しさを晴らすためにも、最後まで気を抜かずに万全の状態で挑みたい」と意気込み、近藤尚志監督は「選手たちは緊張もあるだろうが、全国大会を経験している上級生がチームを引っ張って、最後まで粘り強く走ってほしい」と話した。

 一方、鳴門の大磯彩主将(3年)は「大会直前の練習でも良い走りができ、最高の状態できている。最後まで気を抜かず、鳴門の名を全国にとどろかせたい」と力強く話し、市橋賢治監督は「選手は順調に調整できている。前半でいかに順位を上げられるかが鍵。選手たちには楽しんで走ってほしい」と話した。

 23日は女子が午前10時20分、男子が午後0時半から、京都市右京区の西京極陸上競技場を発着点とするコースで行われる。