開会式 小豆島中央、高松工芸、四学大香川西 全力で本番へ /香川

毎日新聞

リラックスした表情を見せる高松工芸の選手ら=京都市右京区の西京極運動公園で、潟見雄大撮影
レース当日に向けて気持ちを高める四国学院大香川西の選手たち=京都市右京区の西京極運動公園で、潟見雄大撮影

 23日に開かれる男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、京都市右京区のハンナリーズアリーナ(京都市体育館)であった。県代表の男子・小豆島中央、女子・高松工芸、四国地区代表の女子・四国学院大香川西の選手らは本番へ向け、決意を新たにしていた。

 式には全国から集まった男女計105チームが参加。3年連続3回目出場の小豆島中央の長尾周主将(3年)は「気持ちが高まってきた。明日が楽しみ」。荒川雅之監督は「今のチーム状態でのベストの走りをしたい」と気を引き締めていた。

 3年ぶり3回目出場の高松工芸の村上祐里主将(同)は「緊張感が高まってきた。全国の強豪に挑戦する気持ちで走りたい」。三谷昌輝監督は「1、2年生が中心のチームなので思い切って攻めてほしい」と語った。2年連続2回目出場となる四学大香川西の増田梨美選手(同)は「自分にとっては最後の都大路。力を出し切りたい」。北村智宏監督は「チームの仕上がりは良い。自信を持って臨んでほしい」と話した。

 レースは京都市西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に女子(5区間、計21・0975キロ)が午前10時20分、男子(7区間、計42・195キロ)が午後0時半にそれぞれスタートする。【潟見雄大】

本番へ向け、引き締まった表情の小豆島中央の選手たち=京都市右京区の西京極運動公園で、潟見雄大撮影