きょう号砲 筑紫女学園「力発揮、入賞目指す」 調子上々で意気込み /福岡

毎日新聞

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連主催)の開会式が22日、ハンナリーズアリーナ(京都市体育館)であり、各都道府県の男女代表計105チームが勢ぞろいした。県からは男子代表の大牟田、女子代表の筑紫女学園、女子北九州地区代表の北九州市立の3チームが出場。大会は23日、西京極陸上競技場を発着点に、女子は午前10時20分、男子は午後0時半にスタートする。【宮城裕也、安部志帆子】

 大牟田は京都入り後にコースを試走。2年ぶりの都大路に出場できる喜びをかみしめた。赤池健監督は「けがも病気もなく良い状態に仕上がった。思い切りよく走ってほしい」と期待する。浜地進之介主将(3年)は「京都でも積極的な調整ができている。力を出し切れれば入賞も見えてくる」と大舞台でのレースを見据えた。

 筑紫女学園は調子の良い池田朱里選手(1年)を1区に抜てき。その後に経験豊富な3年生を配置して更に勢いをつける考えだ。長尾育子監督は「予定通りオーダーを組めた。失敗を恐れず楽しんで走れば結果はついてくる」と話す。辻田翔子主将(3年)は「チームはリラックスできており、調子もいい。一人一人が100%以上の力を発揮して入賞を目指す」と意気込んだ。

 北九州市立はこれまでエース格の松本夢佳選手(3年)、酒井美玖選手(1年)を前半と後半の区間に分けていたが、都大路では2人を1、2区に並べて序盤で勝負をかけ、アンカーを山口真実主将(3年)に託す。山口主将は「入賞争いは最後まで混戦になるだろう。トラック勝負なら負けない自信がある」と闘志を見せた。

〔福岡都市圏版〕