きょう号砲 男子・松浦、女子・長崎商 力走を誓う /長崎

毎日新聞

 京都市で23日開催の男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、京都市のハンナリーズアリーナであった。

 県代表は6年ぶり2回目の男子・松浦と、初出場の女子・長崎商。松浦の白石大以夢(たいむ)主将(3年)は「後半区間で粘り、目標の20位前後を達成したい。市民の皆さんの応援のおかげでここまで来られたので、感謝しながら走り抜きたい」と決意を語った。長崎商の田中亜可梨主将(同)は「チームはリラックスしている。練習の成果を出し切りたい」と力走を誓った。

 大会は西京極陸上競技場を発着点に、女子は午前10時20分、男子は午後0時半にスタートする。【松村真友】

〔長崎版〕