錦城学園・安村美由紀顧問、順天・藤本正隆監督、駒大高・草島文勝監督の話 /東京

毎日新聞

選手たちに感謝 錦城学園・安村美由紀顧問

 集団の好位置につけていたと思う。すべてが初めての中で、粘りの走りをみせてくれた。京都に連れてきてくれた選手たちに感謝したい。来年は都代表として戻ってきたい。

最後まで頑張った 順天・藤本正隆監督

 (1区での転倒という)アクシデントがあったにもかかわらず、全員でカバーした。最後までよく頑張った。その一言に尽きる。また来年もある。目標はやはり、1時間9分30秒だ。

常に力を出さねば 駒大高・草島文勝監督

 頑張ったが力不足だった。常に力を出せなければ全国で通用しない。もっとタフになる必要がある。学んだことは多いが、出場を続けなければ身につかない。来年も(都大路を)目指したい。

〔都内版〕