山梨学院、全力尽くす 女子18位 男子38位 両監督の話 /山梨

毎日新聞

経験を糧にする 山梨学院女子・乗末達也監督

 総崩れすることなくレースを終えることができた。エース・小笠原の穴を埋めるのが来年の課題だが、1、2年生のレベルは高くなっている。全国で経験したことを今後の糧にしたい。

下級生頑張った 山梨学院男子・乗末達也監督

 予想以上に1区がハイペースなレースだったので、そこについていくのが難しかった。エース・飯沢の欠場が痛かったが、下級生が頑張ってくれた。選手層を厚くして来年は臨みたい。