粘り最後まで力走 鳥取城北、男子44位 八頭、女子55位 /鳥取

毎日新聞

声援を受けながら44位でフィニッシュする鳥取城北の田辺恒大選手=京都市右京区の西京極陸上競技場で、道岡美波撮影

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)は23日、京都市右京区の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に女子5区(21・0975キロ)、男子7区(42・195キロ)で開かれた。県代表の女子・八頭は昨年を3秒上回る1時間14分55秒で55位と力走。男子・鳥取城北は2時間10分以内を目標に挑んだが、2時間13分45秒の44位でフィニッシュし、記録を伸ばすことができなかった。【道岡美波】

鳥取城北・男子44位「練習を信じて」

 3、4区の長距離区間で苦戦。後半も思うように巻き返せず、厳しい展開となった。

 1区(10キロ)は昨年も1区の竹山朝陽(あさひ)選手(3年)。号砲前、昨年47位の苦い経験が頭をよぎったが「練習を信じて踏ん張れた」。34位と好ダッシュを見せた。2区(3キロ)の中井啓太選手(3年)は区間25位の好走で順位をキープ。

 だが3区(8・1075キロ)の下田洸瑠(たける)主将(3年)は体が動かず順位を九つ落とす。4区(8・0875キロ)の林本涼選手(2年)も立て直せず、5区(3キロ)の藤原拓海選手(3年)は「声援で気持ちよく走れた」と必死に食らいついた。

 6区(5キロ)の浜橋雅幸選手(2年)は前に追いつくことだけを意識し、アンカー(5キロ)の田辺恒大選手(2年)へ。力を振り絞った田辺選手が順位を一つ上げ、44位で飛び込んだ。

 下田主将は「1、2区のいい流れを自分が止めて申し訳ない。後輩たちには、有力校に負けない力をつけてほしい」と託した。

八頭・女子55位「チーム一つに」

全力を出し切り55位でフィニッシュする八頭の小谷彩乃選手=京都市右京区の西京極陸上競技場で、道岡美波撮影

 記念大会で地区代表11校含む58校が出場。近くのチームに大きく引き離されることなく、最後まで粘りを見せた。

 1区(6キロ)の田口音々主将(3年)は、3キロ過ぎから足が重くなり、56位でリレー。「いい順位で渡したかった」と唇をかんだ。2区(4・0975キロ)は昨年の都大路の唯一の経験者、杉村和香選手(2年)。終始、単独走に近かったというが「最後に前との差を詰めた」。

 3区(3キロ)の岸本百桃選手(1年)は本来は中距離専門。初の大舞台で1人を抜いた。4区(3キロ)の大久保香穂選手(3年)は前後の選手と競る展開に「中だるみせず走り切った」。5区(5キロ)の小谷彩乃選手(2年)は後続を突き放し、順位を保って55位でフィニッシュ。迎えた仲間に開口一番「ありがとう」と伝えた。

 昨年(1時間14分58秒)を上回るタイムに、田口主将は「チームが一つになった結果。来年は、全国と勝負できる力をつけて戻ってきてほしい」と願った。


持病耐え、本気で陸上楽しむ 八頭・清家里紗選手(3年)

 激しい運動をするとぜんそくの発作が止まらない。八頭の清家里紗選手(3年)は小さいころから運動誘発性ぜんそくに悩まされてきた。都大路を実際に駆けることはできなかったが、特別な思いでレースを見守った。

 水泳を続けていたこともあり幼少時は重い症状は出なかった。中2の夏、機会があって出場した地域の駅伝大会で好成績を収め、陸上の楽しさを知った。「本気になってのめり込めるかも」。冬に陸上部へ転部した。

 進学で八頭へ。練習が厳しくなったせいか、空気が乾燥する時期には症状が治まらない。内田八彰監督へ何度も退部を相談した。それでも辞めるのをとどまったのは新チーム発足前、部運営について皆で真剣に議論したからだ。部を強くしたい--。自らムードメーカーとなり、マッサージも率先した。

 この日は、中継所での選手の付き添いに徹した。たすきリレーの瞬間に立ち会い「一生懸命に前を追う選手の姿が、いつもより格好よかった」と涙をこらえた。【阿部絢美、道岡美波】


 ■男子記録           通過記録        個人記録

1区 竹山朝陽 (3年) (34)  31.30 (34)31.30

2区 中井啓太 (3年) (34)  40.04 (25) 8.34

3区◎下田洸瑠 (3年) (43)1.06.40 (46)26.36

4区 林本涼  (2年) (45)1.32.07 (43)25.27

5区 藤原拓海 (3年) (45)1.41.50 (47) 9.43

6区 浜橋雅幸 (2年) (45)1.57.52 (43)16.02

7区 田辺恒大 (2年) (44)2.13.45 (45)15.53

 ■女子記録         通過記録個人記録

1区◎田口音々 (3年) (56)  21.47 (56)21.47

2区 杉村和香 (2年) (56)  36.12 (52)14.25

3区 岸本百桃 (1年) (55)  46.54 (52)10.42

4区 大久保香穂(3年) (55)  57.17 (48)10.23

5区 小谷彩乃 (2年) (55)1.14.55 (51)17.38

 ※カッコ内数字は順位、◎は主将