八千代松陰・大塚監督、豊川(男子)・松永監督の話

毎日新聞

流れに乗れた 八千代松陰・大塚正人監督

 (1区で2位スタート)出だしが良く、流れに乗れたのが大きい。3年ぶりの出場で経験者がいない中、過去最高タイム。満足できる結果だ。

選手頑張った 豊川(男子)・松永光雄監督

 (目標の7位に届かずも、2012年に初優勝して以来の入賞)私自身は喜べないが、選手は頑張ってくれた。3~5区の選手は粘ってくれた。