メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全出場選手は血液検査結果を報告 高校駅伝、鉄剤注射根絶に向け具体策

 12月22日開催の男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)の実行委員会が19日、大阪市内で開かれ、貧血対策に使われる「鉄剤注射」が不適切使用されている問題を受けて、今大会から代表校の全出場選手に血液検査結果を報告させるなどの具体的対策を決めた。

 出場選手は大会後5日以内に受診し、人体に酸素を運ぶ役割を担う赤血球やヘモグロビンの濃度、体に貯蔵された鉄の量を反映する血清…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです