県予選 きょう号砲 男子10チーム、女子8チーム /青森

毎日新聞

 男子第70回・女子第31回全国高校駅伝競走大会県予選(県高体連など主催)が12日、東通村の東通中陸上競技場を発着点に開催される。今年は男子10チーム、女子8チームが出場し、師走の京都・都大路で開かれる全国大会を目指す。

 男子は午前11時にスタートし、7区間計42・195キロを走る。女子は午前11時5分にスタートし、5区間計21・0975キロを競う。

 男子は昨年の県予選で24回目の優勝を果たした青森山田と2015年に初優勝した八戸学院光星、女子は26連覇中の青森山田を中心としたレース展開が予想される。

 男女とも、優勝チームは京都市で12月22日に開催される全国大会に出場する。上位4チームは11月に山形県で開かれる東北高校駅伝競走大会の出場権を得る。

 男子、女子の「青森山田B」、男子の「黒石商業・弘前東・黒石合同チーム」はいずれも表彰対象外の「オープン参加」となる。【江沢雄志】


出場チーム

 <男子>

青森山田

八戸学院光星

弘前実

八戸西

名久井農

十和田工

田名部

青森

※黒石商・弘前東・黒石合同

※青森山田B

<女子>

青森山田

八戸学院光星

八戸西

青森

五所川原工

青森北

弘前実

※青森山田B

※はオープン参加